社内の取り組み:社内研修

社内研修
設備推進部の取り組み:
弊社では、社内で様々な勉強会を開催しております。 外部研修を始め、社内で企画しているカリキュラムを社員自らが立案・運営しています。
営業マンに必要な<知識>を身に着け、取引先企業様のお役にたてる会社を目指しています。

知的資産経営計画策定プロジェクト/発表会

取り組み

MB201610-010w

2016年の9月から継続的に開催致しました (キックオフ二回目の模様)
「知的資産経営計画策定プロジェクト」も先日最終日を迎えました

BM201702-006

半年にわたり
GENコンサルティング事務所の西元代表に指揮をとって頂きました。

今回は最終日という事で
半年近くかけ各班でねった知的資産にまつわる今後のビジョンを発表しました

BM201702-024

今回は4班あり、
各班「今の知的資産を分析し、今後狙うべく知的資産を出し合い、そしてビジョンを策定」

BM201702-009

参加したメンバーも自身の班との違いを聞きながら
真剣に聞いていました

BM201702-011

講師の西元代表もまた
今回の内容をじっくりと聞かれていたのが印象的でした

さて、
実際にどのような知的資産がでてきたか
少しだけ触れておきたいと思います

まず、前田機工の社員は
自社の「知的資産」として

MB201702-002w

社是を全班挙げていました

買い手喜び売り手喜ぶ
というのは皆にとってコアになる部分になっている発表が多く
まさしく社是として存在している印象を受けました

私たちはお客様が喜ぶ営業活動を行い

お客様が喜ぶことが私たちにとっての喜びである

聞こえは非常に良いですが
なかなか日常の営業活動では意識ができなかったりします

「お客様に本当に喜んでいただけているのか?」
その時にこの社是によって基本に戻れるのです

MB201702-003aw

またその社是を大切する上では
私たちを支えてくれる仕入先があるからこそ
当社の営業活動が行えるという事をふまえ
「売り手」の中には弊社だけでなく
仕入先の皆様も一緒に存在することを
今回改めて実感致しました。

その他には

MB201702-005w

各営業所、女性業務の対応により
お客様にスピード対応ができている点(これからも更に向上させます!)も知的資産であると
各班の意見としてでました

MB201702-004w

多店化により
より広い範囲で、より近くお客様と接する事ができるのも
私たちにとって知的資産である上
弊社がチャレンジしている海外展開を弊社が行えているのも、お客様との大切な財産として挙がるのではないでしょうか

ここまでが「現在の知的資産によるストーリー」です

この後、各班ともに
「将来のストーリー」を発表

そこにはあっと驚くような内容もありました
そして内容には熱い思いがのっており、
社員がどういう会社になることを望んでいるかというのが
見える化された発表になっていました。

発表後は
熱い思いがあるからこそ、
発表後参加したメンバーから多くの質問が投げかけられました

BM201702-015

BM201702-021

BM201702-023

質問は社員からだけでなく
役員からもでました

BM201702-020

今回の「知的資産経営計画策定プロジェクト」は
「経営に社員が参画する」というのを謳っており
今回の内容を取り入れて4月からの中期計画をたてる予定になっております

BM201702-018

最後は
社長の言葉でしめて頂きました。

BM201702-025

今回の取組による社員の意見を踏まえて、会社の方針を明確にし、お客様・仕入先様に選ばれる会社を目指したいと思います。

以上が今回のプロジェクトでした

改めて、お客様・仕入先様にとって求められる会社を目指していきたいと思います。

中小企業シェア広報

取り組み

昨日、いよいよ始まりました

何が始まったかというとこちら

タイトルシェア広報

JETRO北九州が企画の
「学生&主婦チームによる中小企業シェア広報」

このプロジェクトは
学生3人がチームになり、地元中小企業4社へのインタビューや取材を通じてその魅力を発信する広報プロジェクトです

ここで指す「広報」はビジネスに対しての広報ではなくて
主に「採用」に繋がるような広報を指します。

学生目線で企業を見て
そして学生の感覚で会社を広報する
そこにはスペシャリストな経験の有る主婦がSV役が就いて頂いています

女性活用_前田機工

このプロジェクトによって
当社のどんな所がアンテナにひっかかり
どんな発信を行うのか非常に楽しみです

 

昨日はその第一回目

中小企業シェア広報

まずは当社社長の國本が「どんな会社なのか」を伝え
さらに社長の考えや人格を知ってもらいました

前田機工と学生

学生にとって
社長の会社説明は非常に刺激的で興味のある内容だったそうです

会社説明の後は
当社のロボットハンドも見てもらいました

学生とロボットハンド

こうして興味を持ってもらえる事非常に嬉しく思います

学生と中小企業

社長の話術により
より一層面白みを感じ取って頂いたのではないでしょうか

 

今回の第一回は
まず「知ってもらう」という段階でした

今後の進捗はfacebookの「中小企業シェア広報prj」に掲載していくそうなので
気になる方はアクセスしてみてください

MB201610-007pp

採用に繋がるように頑張っていきます

第二回知的資産経営策定プロジェクト

取り組み

chiteki_title

先日、知的資産経営策定プロジェクトと題して
二回目の集まりがありました。

このプロジェクトは
「社員参加型の経営」を行う為、
現在会社を支えているベテラン社員、そして次世代を担う社員が集まり
知的資産を出し合い、今後の経営に反映させていくというものです。

前回はキックオフとして
メンバーの顔合わせと
知的資産とはなんぞやという部分にふれ
今回から少しずつ内容に入っていきました。

MB201610-011w

主に各班に分かれ
グループワークを進め
最後に発表を行うという流れでした

MB201610-016w

今回も前回に引き続き
講師は
GENコンサルティング事務所代表の
西元様でした

 

さて、今回は2つの項目を進める事で
知的資産経営のとりかかりとしました。

はじめに取り掛かったのがこちら

MB201610-012w

各班に分かれ
会社の沿革を見ながら
どのような事件が今まであったのか
またそれによって何が生まれたかを出し合いました

MB201610-013w会社が長く続けば様々な「事件」が社内には発生します

その事件によって色々な資産が生まれ、
その資産によって効果というものが生まれます。

例えば、当社が行ったプライベート展示会は当社にとって大きな事件でした
この事件によって当社内には展示会を行うノウハウが生まれ、
また緻密な打合せを重ねた事によって拠点を越えたチームワークが生まれました。

このような「事件」を各班で挙げ
そしてその内容を他の班に持ち込み発表をし、意見交換
その内容をまた班に持ち帰り班の意見をまとめ
全員の前で発表しました。

今回、新たに導入されたのが

MB201610-0167w

このゲームには参加した皆が盛り上がりました

真面目な中にも遊びを取り入れる事によって
場の雰囲気が和らぎました

MB201610-0168w

ピンポンパンゲームの結果にて
1班だけが発表を行いました。

 

続いて、2つ目の項目はこちら

MB201610-014w

この段階では
各班にて社内の業務を分析し、
そこにどのような強み弱みがあるかを出し合うものでした

MB201610-015w

強みの他に工夫や、他社よりも優れている事
また逆に
弱みの中には改善点があったり、
他社よりも劣っている事

その事を皆で洗い出し、
また拠点によっての違いなどを出し合いました。

 

この作業においても
一連の流れがあり、
最後にはピンポンパンゲームで発表者を決めました。

MB201610-0170w

内容として、しっかりと深いものができあがりました
ここで今回の研修は終わり、
また次回へと続きます

 

MB201610-0169w

最後に西元様の総評

西本様から見る当社の強みを教えて頂きました。

 

 

会の最後は当社代表の國本より言葉があり、
この会を閉会としました

MB201610-0171w

次回は11月の開催になっております。

また次回「会社を知る、そして会社の再発見」ができることが楽しみです。

タナベ経営サーベイ説明会・新体制方針説明会

取り組み

今回の記事は研修ではありませんが
社内の取組ということもあり、「社内研修」にわけております。

 

さて、
本日、10月1日
山口グランドホテルにて
全社員集まり
新体制の方針説明会が行われました。

その時の模様をお伝えしたいと思います。

 

以下が今回の模様の写真です。

MB201610-001w

山本部長が開会に際しての挨拶をされ
開会の宣言に合屋主任を指名されました。

MB201610-002w

合屋主任の元、
声を出して
皆で「お願いします」を唱和しました

 

MB201610-003w

まずはタナベ経営様による組織・モラールサーベイの内容説明を
タナベ経営・保木本九州本部長様に行っていただきました
当社は今期より
タナベ経営様に入って頂き
会社の問題を抽出し、社員満足度を高める事で体制をより強化する取組をスタートしました

まずは数ヶ月前に行ったサーベイの結果を元に会社の実態を説明して頂き、
我社が今どのような状態にあるのか、社員が今の会社をどう見ているのか、現状把握を行い
それを社員に伝える事で、我社が抱えている問題を「見える化」し、全社員でそれを共有する事で今後何をすべきかを明確にしました

MB201610-004w

 

 

その後は当社社長より
新体制の方針説明がありました。

MB201610-005w

タナベ経営様のサーベイの結果を参考にしつつ
社長が代わり新体制の下、会社が今後どのように変わるのか
そのところの説明がありました

MB201610-006w

今期より
新規事業部を新しく発足し、弊社としての挑戦する事業として
マレーシアの事業、
ロボットハンドの事業、
そして社内体制づくり(ブランディング・広報活動)を行うという説明がありました

 

MB201610-007w

営業戦略、管理戦略を説明後
59期は知的資産経営の内容を加味て、中期経営計画をスタートすると
明言されました

 

そして最後に新事業説明として
新規事業部責任者である濱田参事より、挨拶があり
その後、マエダエンジの坂元事業部長、新規事業の担当、萩マネージャーからの挨拶もありました

 

 

 

一連の説明が終わった後、
全社員で昼食をたべ、この会は終わりました。

MB201610-008w

美味しいごはんでした。
(若い社員には量が少し足りなかったようですが・・・ 笑)

 

会の締めの挨拶を中島常務に行っていただきました

MB201610-009w

「会社がなんだか難しくなるという印象ではなく
 もっと働きやすい会社になるというイメージでこの新体制を盛り上げていきましょう」と
締めて頂きました。

 

10月より58期の下期となります

今後も、
お客様、仕入れ先様が喜んでいただける会社を目指す為、
先ずは自社を見つめなおし、
社員が働きやすい環境を整え、
我社の社是である「買い手喜び売り手喜ぶ」を追求していきたいと思います

そして当社は
ものづくり企業のお客様と思いを共有したいと強い想いをもっております、
当社はものづくりにチャレンジします。
そしてお客様と同じ目線でサービス向上を目指したいと思っております、

今後共、
前田機工株式会社をよろしくお願いします

OSG株式会社 工場見学

取り組み

先日、社内研修として
OSG株式会社に工場見学へ行ってきました。

オーエスジー株式会社

当社はOSG株式会社の
販売組織であります
<A-club>ゴールド店であります。
*<A-club>とは全国に350社あるのですが、その中でもゴールド店は150社であります。

当社と致しましても
普段取り扱っているメーカーのものづくり現場を見る機会というのは非常に貴重でして、
今回は各拠点から数名ずつ参加する研修としました

 

 

まずは大池工場を見させていただきました

OSG

当社の社是
「買い手喜び 売り手喜ぶ」という文字まで準備して頂いて
非常に嬉しかったです。

下にはOSGさんに言い換えたらという事で
「売り手喜び 作り手喜ぶ」と書いてありました。

ありがとうございます。

工場内は撮影ができませんので
写真でお伝えできないのが残念です。

 

大池工場の後は
八名工場も見学させて頂きました。

MB201609-014

八名工場はタップを製造されている工場です。

 

MB201609-015

丁寧にひとつひとつ説明をして頂きました。

 

MB201609-016

どちらの工場もキレイな工場でした

 

MB201609-017

さて、上の写真
皆で見ているのは
OSG創業者の大沢秀雄様が開発した「大沢式ネジ研削盤」です

メンバー見入っていました。

 

次の日はCSセンターにてデモ加工も行ってもらいました。

MB201609-023

実際に加工する所を使用する刃物の説明も受けながらのデモは
わかりやすく
その上、実際に加工したものを見て、そして触れるというのも貴重な体験でした。

 

以上が今回の研修の内容です。
今回、アテンドして頂いたOSG株式会社の皆様
本当にありがとうございます

今後ともよろしくお願いします

 

 

さて、最後に余談ですが、
今回の研修では
OSG株式会社のゲストハウスに泊めさせて頂きました。

MB201609-018

MB201609-019

MB201609-020

MB201609-021

非常にきれいなゲストハウスで夜はのんびりとできました。

 

 

最後に今回研修に参加したメンバーで集合写真を撮りましたので
掲載させて頂きます。

前田機工株式会社

知的資産経営支援 キックオフ

取り組み

知的資産経営

先日の9月14日、北九州にあるAIMにて
新社長の新しい取組である
「知的資産経営プロジェクト」に向けてのキックオフが開催されました

 

maedakiko知的資産経営

まず新社長より
「これからの経営」についての話があり
また今後は「社員参加型の経営を行う」という事を明言されました

 

前田機工株式会社_社長

この「社員参加型の経営」というのがキーワードで
そのとっかかりとして
今回の知的資産経営のプロジェクトが動き始めました。


前田機工株式会社_知的資産経営

社員皆と一緒に
「私たちの会社にとっての知的資産とは何か」を考え、
そして洗出し、
皆で考えた知的資産を共有し
そして経営の柱とする
そこが今回のプロジェクトにあたります







社長の話の後に
講義とすすみました

西元知基

今回の講師は
GENコンサルティング事務所代表の
西元様です

 

201609_006

それでは先程の社長の話の中にあがった
「知的資産経営」とは?
という所から始まった講義

 

 

201609_007

実際にお客様と社員である私達が
資産台帳に載っていない気づけていない武器を
より明確化に進めていく

そんな感覚。

 

201609_008

今回のキックオフでは
講義の後に
グループワークも行いました

 

201609_009

まずは映像を見て
その中に出てくる会社の知的資産とは何か?を
皆で洗い出しました

 

各グループで意見を出し合い
そしてその次のステップでは各班の人間が他の班へ行き
何を出し合ったかを各班で発表

そして最後に皆が元の班に戻り
他の班ではどんな意見が出ていたのかを確認するというグループワークでした

 

最後には
1班だけ発表をおこないました

maedakiko

このグループワークが
今までにない連携へと繋がると
この知的資産経営のプロジェクトが当社にとっての力へとなることを感じました。

 

 

國本研一

最後に社長の総評で
このキックオフが終わりました

 

今後、当社は
「知的資産経営プロジェクト」と題しまして
社員参加型の経営を行って参ります。

今後共変わらぬご愛顧を
よろしくお願いします

 

ブランディングセミナー

取り組み

おはようございます。前田機工です

今回の記事は
先日合同研修会が開催されましたので
その時の事をご報告させて頂きます。

01_合同研修会

今回の研修会は
熱産ヒート株式会社
当社と二社の合同開催でした。

今回の研修会内容は
中小企業のブランディングを考える
「自社自分の価値を言葉化・魅せる化セミナー」

そして講師の方はこちら

エサキヨシノリ

情熱の学校
エサキヨシノリさん

大阪から来た
関西弁の強く
芸人さん?っていうほど話が面白い講師の方でした

 

さて、今回の合同研修会、
三名のオブザーバーの方にも参加頂きました。

オブザーバー参加の方々

写真左から
JETRO北九州の所長の新居様
橋本食品株式会社の社長、橋本様
進学塾マイティーチャーの社長、林様

 

さて、今回の研修会
二社合同という事もあり、
最初は緊張した雰囲気からのスタートでした。

毎月研修会を行っている熱産ヒートの方に聞いたところ
「この雰囲気は初めてですね」との事でした。

言わばその雰囲気は堅く
笑顔も反応も少ない会場を
一変させたのはエサキさんの話術でした

004

徐々に柔らかくなり
笑いも起きるようになるのは時間の問題でした

 

005

笑いの中にも
真剣なメッセージはあり
そのさじ加減がうまい!

内容もですが
話かたの勉強にもなりました

 

気づけば13時30分から始まった研修も
あっというまの16時。一部の終了です
「気づけば2時間半も経ったんだ・・・」なんて声も会場から聞こえてきました。

 

10分の休憩の後
次はグループに分かれ
第二部のスタート

ここからはグループセッションです

006

当社にとっては
このような研修会は珍しく
新鮮でした

40分ほどのグループセッションも終わり、
ここからは全てのグループの発表です

007

見事に愛人宅に住み恋人を探すという強者を今回のターゲットに選んだチームA

この雰囲気の中
その設定での発表が続き、
これには会場からは笑いが絶えませんでした

008

 

この後も
各チームの発表は続き

009

010

各々のチームの発表の内容が面白く
皆で聞きってました。

 

 

チームの代表が一名グループセッションの内容を発表し
その後チームから一名感想を述べていたのですが
その中に
■一緒の職場にいてもこうして話す機会が少ないので良い機会となりました
■色々とイメージを話し合ってひとつに纏める事がおもしろかった
等、プラスの感想が多かったような気がします。

 

そして
今回の研修を通じて一番印象に残ったのが「笑顔」
本当に笑顔の多い研修会でした

011

012

JETRO新居さん

マイティーチャー林社長

015

016

017

018

本当に楽しく
そして深い時間でした

講師を努めていただいた
エサキさん、本当にありがとうございます

そしてこれからもよろしくお願いします。

 

文章まとまりがありませんが
この研修会を報告という形で伝えたかったので
このような文章となってしまいました

 

 

 

最後に
集合写真も載せさせて頂きます

前田機工株式会社_熱産ヒート株式会社

皆さんの素敵な笑顔で締めさせていただきます。

設備推進部社内研修(税法セミナー)開催

取り組み

12月10日本社にて、設備推進部(弊社6拠点の設備販売代表者)の社内研修会を行いました。

4月よりスタートし、お客様工場見学会や若手社員による議事録の作成及びマニュアル化などの

カリキュラムを実施してきました。

今回はその一つ、弊社税理士の北濱先生による税法セミナーの第二弾として(決算書の分析)

を実戦形式で勉強しました。

2014-12-10 10.07.49

中小企業経営者様と同じ目線で設備導入の検討を行えるよう、また、最新の税制対策などの情報をご提供

できるよう、今後も継続していく予定です。

終了後は、周南支店の兼清さん、本社の新谷さんによる設備導入事例発表会を行いました。

2014-12-10 12.45.33

お客様への導入経緯やご発注を頂いたポイント、機械の特性などをメンバーで共有しました。特に導入時

のクレーム(問題点)に関しては、今後のお客様へのサービス向上を図る上で重要視していきたいと思います。

 

弊社取扱製品のことや自動化・省力化のことなど、お気軽に何なりとご相談ください。

お問い合わせフォーム